ipad Mini6(第6世代)のカバーとフィルムはこれがオススメですの法則。

おはようございます、SUKESANです。2021年9月に発売となったipad Mini6ですが、約5日使ってみた感想として、最高としか言いようがない感覚を持っています。第5世代でも十分だったのですが、6を触ってしまうと5には戻れない感じ(まあ後継機なので当たり前ではあるのですが……) 僕は基本的にスマホもタブレットもあまり大きなカバーなどは付けない主義と申しますか、できればそのままで使いたい派なんです。しかし、落下や傷が怖いのもありまして、最小限の「装備」をするようにしています。 そんな中、今回僕が選んだカバーとフィルムを紹介させていただきます。 まずフィルムですが、僕がガラスフィルムを使うようにしています。これにはもちろん意味がありまして、確かにアップルペンシルの描き心地に関してはカツカツと音がする感じにはなってしまいますが、何もしてない状態とさほど差はないように感じます。また、もしも落とした時に、このガラスフィルムが衝撃を代わりに吸収してくれる(割れる)のも大きなポイントです。これは普通のフォルムやペーパーライクフィルムでは補えない部分。 「NIMASO ガラスフィルム iPad mini6 iPad mini (第6世代) 用 強化 ガラス 保護フィルム NTB21C194」を選びました。もちろん、知っている方にとっては老舗さんの商品です!下の画像をクリックでアマゾン公式へ 本格的なイラストレーター等の方でしたらこのカツカツ音や滑らかさが気になるかと思いますが、僕の場合、ちょっとしたコンテやイラストを仕事で描くだけですのでこれで十分だと感じました。また、貼る際の付属品も充実していますので空気が入ってしまうことも少ないでしょう。 光の反射についても付けていない状態とほぼ変わらないように見えます。 さてお次はケース(カバー)でございますが、僕はどうにもあの「風呂の蓋」のようなものが苦手でして、もちろん立てることができたり、電電のオンオフを開けばやってくれる等の利点もわかるのですが、どうにも苦手なんですね……。ということで今までずっとシンプルな透明のカバーを使ってきました。今回もこちらです。 「YOCCO iPad Mini 6 ケースクリア TPUソフト透明保護 薄型 衝撃吸収 柔らかい手触り バックカバー…

画質は昔のガラケーレベル。しかし、魅力はそこじゃないの法則

おはようございます、SUKESANです。以前は高級コンデジや一眼を常備して〜という僕でしたが、利便性などを総合して考えると、今は日常使いならばiPhoneのカメラで十分と思っている派です。が、一年前くらいからちょっと気になっていたカメラがあったのです。ちなみに僕は今はコロナで行けないものの、南国系の仕事やプライベートが非常に多かったので、基本的にカメラには画質をよりも「防水」や「強度」を優先するタイプでした。 過去には、『RICOH WG-6 ブラック 本格防水カメラ 20メートル防水 耐衝撃 防塵 耐寒 高画質2000万画素 4K動画対応 高性能GPS内蔵 水中専用マーメードモード搭載 高性能GPS・電子コンパス内蔵 仕事に使える「CALSモード」搭載』や、 『OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-6 レッド 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS 内蔵Wi-Fi TG-6』を使ってきました。共感いただける方もいらっしゃるかと思うのですが、いちいち水に濡れることとかを気にしているのだったら、画質をある程度下げてでも気楽に適当に使える方を選んでしまうのです……。 例えば、南国の海に行ったとします。そしてもちろん海に入るのですが、海の中ではなく砂浜の時点でも防水、防塵とかのカメラではない場合、いちいちバッグに入れたり水がつかないように気にしたりと、その時点で冒険心テンションが一旦止まってしまう。なので、水陸両用的に、良い意味で適当に使いたい……ので、上記二つを選んできました。 そして現時点、子供ができて、一歳半の彼でも気楽に適当にシャッターを押したり、妻も適当に設定やら、なんたらモードだかも気にしないでパシャパシャできるのがないかな? と考えていた歳、今回ご紹介するカメラが目に入った(入っていた)んです。…

これくらいがベスト!スマホモバイルバッテリーの法則

おはようございます、SUKESANです。今の時代、スマホの普及と比例して、モバイルバッテリーの商品数もものすごく、一体どれを選んだらいいの……? と困ってしまいますよね。Amazonさんなどに並んでいる商品群の中には、超大容量を謳ったものもありますが、実際にはその半分以下の容量でしかなかったり、言い方は悪いですが、最近の進歩はものすごいものの、怪しい中国製とかを値段に釣られてつかまされてしまうこともしばしば……。 そんな僕も怪しい中国製とかを過去に散々買ってきてしまったタイプなのですが、もちろんその中の全てが悪かったわけではなく、実際にすごく使えた商品もありました。 しかし、モバイルバッテリーと言うのはかなりの電力、エネルギーを溜め込むものの為、場合よっては発火したりする危険性も十分にあります。実際、僕は中国の怪しいバッテリーが突然破裂したことがあります。 色々そんな風に買っては使って試しているのですが、現時点での個人的なおすすめを紹介させていただきます。 紹介とはいえ、PCやモバイル系のバッテリーでは老舗であります「Anker」さんの商品ですので、今更僕がオススメするほどのものでもないのですが最近使っていた感想としてお話させてください。 まずはその容量等から。Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)となっておりまして、例えば、iphone11ですとバッテリー容量は「3,110mAh」ですので、単純計算で、このモバイルバッテリーのフル充電時からならば約「3回」満タンにできる計算になります。 これ、先に書きました、中国(だけではないですが)の怪しい系の異常に安かったりするものですと、仮に20000mAhと明記してあっても、実際には5000mAhもなかった……ということも結構あるんですよ……。 なのですが、実際に試しましたが、「Anker PowerCore 10000 」は確実に10000mAhの容量があると思われます。これ、当たり前のようですが、ものすごい大事。 上の写真をクリックでAmazonさんの商品ページに直接飛べます。 外観も片手で収まるくらいですし、作りもしっかりとしていてシンプル。ややこしい意味の分からないボタンも無し(サイドに現在の容量表示のボタンがあるだけ)しかも重量はわずか180g。卵3個分! 僕は家の中ではジャクリさんの超超大容量のバッテリーを使ってはいるのですが、ちょっと出かけたり、そして就寝時に枕元にちょんと置いておくと便利なんですよ、こいつ。ちなみに、僕が使っている巨大バッテリーはこいつです。下の画像をクリックでAmazonさんの商品ページに飛びます。 入力部分、本当にシンプル。USBの部分が出力。micro USBが入力となっています(付属してきます) このバッテリーを満タンにするには約5時間必要ですが、寝ている間に〜くらいの感じで使うと、気がつけば終わっています。 容量はこの4つのインジゲーターで確認できます。計算上、2個点灯でもスマホを一回はフル充電することができるかと思います。 枕元にスッと置いておくと便利なんですよね。いちいち他の部屋に行かなくてよかったり、もしもの災害時にも手が届く位置にあるのは大事です。 我が家では家族で自由に使っております。気がついたら充電する感じで。もっと大容量のものももちろんありますが、大きくなりますし、重さも出てくる。スマホを3回充電できるくらいの、「この感じ」が僕にとってはすごく使いやすいと感じています。 下の写真をクリックでAmazonさんの商品ページに直接飛べます。お読みいただきありがとうございました!