下今市駅にSL(大樹)を見にいく法則。

おはようございます。SUKESANです。息子が現在1歳8ヶ月なのですが、『きかんしゃトーマス』から入り、着々と電車(乗り物好き)へと成長しています……。そんな中、最近は新幹線よりもSL(蒸気機関車)に興味があるようでしてどこかで見ることができないものかと調べていると、『下今市』という駅で見ることができるとのこと。 きかんしゃトーマスが見放題!下の画像から。 『日光東照宮』観光からのついでに行ってみようということになりました。本当に親切な駅員さんに聞くと、入場券(150円)を購入するのをオススメいただいた。 SL(大樹)が入ってくるのは4番線ということで早速向かったのですが、駅内に写真展のような通路があったりします。そして何よりも『SL展示室』(館)が凄かった。機関車、電車を子供向けにした乗り物のようなものや展示物が。 そして何よりも嬉しかったのが、夫婦で6年くらい前から集めている、茶平工業さんの記念メダルも発見! 早速、親子3人の名前を打刻しました。ちなみに、このタイプのメダル機ですが、メダルと刻印が別料金の場合もあるのですが、こちらのSL大樹のものはメダル料金のみで刻印は無料でした。 と、展示室で遊んでいるとそろそろこの日の最終列車、16時14分着の時間が近づいて来ましたので4番ホームに向かいます。 息子はまさかSLをこれから見ることができるなんて思っていない……。むしろ妻が興奮していました……。 そしていよいよSL大樹がホームに! この時の息子の驚いた顔ったら。 停車時間は2、3分と短いのですが、車掌さんも本当に素敵な方で一緒に写真を撮ったり、手を振ってくれたりとなんだか愛されている意味がすごく分かりました。SLがホームを出て行ってから再び展示室に戻ったのですが、ここからサプライズが! なんと、きかんしゃトーマスで見たような車庫に大樹が格納されるところまで間近で見ることができるのです。 入場券だけでこの体験を全てできるとは……。恐るべし下今市駅……! もちろん電車マニアの方々からすると「今更何言ってんだオメエは」なのかもしれませんが、僕ら家族は初めての体験に感動しっぱなしでした。 「冬の雪景色の中のSLも素敵なんだろうね、今度は冬に来てみようね」と話しながら駅から500メートルくらいのところにある道の駅に寄って帰宅したのでした。 今回は特に記事内で宣伝する商品がありませんでしたので、ドライブをする際常に車に積んでいる最強のバッテリーを貼らせていただきます。スマホなら約140回! 電子レンジもドライヤーも動いてしまう化け物です。

無料はエラい!栃木県『七ツ岩園地足湯』の法則

おはようございます、SUKESANです。僕の仕事はありがたいのか逆に良くないのかわかりませんが、特に決まった時間に出勤とかではないので、「今日突然ドライブに行こう!」的な行動ができるんです。この日もそうでして、最近は雨が続いていたのですが、朝起きたら晴れじゃん! それなら家族でドライブでも行くか! となったのでございます。 そしてなんとなくGoogleマップで探して決めたのが、『〒329-2921 栃木県那須塩原市塩原塩釜』にある『七ツ岩園地足湯』という場所でした。調べると何やら無料で足湯に入れて、なかなかの景観の吊り橋もある。こりゃあ、一歳半の息子オト君にも良いし、「吊り橋効果」で夫婦仲もさらに良くなるぞ!(……)と決定しました。 現地に着くとこのような駐車場(無料)がありましたが、平日なのもあってか他に観光客の姿は数名程度。 まずはお目当てのメインであります足湯を探したのですが、あっさりと言いますか、駐車場の一角に「え? これ」って感じで沸いていました。 家族三人で入ることを考えてあらかじめタオルを用意したり、足を出しやすい服装で来ていたので、すんなりと。お湯は本当に温泉なのかなんなのか正直わかりませんでしたが、そこその温度でして、最初は熱いと感じ、しばらくすると慣れるような感じ。 小さなお子様でもしっかりと抱っこしてあげていればチャプチャプと楽しめるかと思います。 僕ら夫婦が外出する際にしていくお約束の指輪を置いてみました。この指輪の詳細はこちら また、貧乏性の僕は、こういう時間でも少しでも得してやろう! ということで、車のダッシュボードにソーラーパネルを置いていまして、そこでミニ扇風機やスマホを充電しているのです……。こういうコツコツが大事。多分。 下の写真をクリックでAmazon公式に飛べます。これ、スマホとかなら数時間でフル充電!(かんかん照りなら) また、この駐車場近辺はこんな田舎だというのに、さらにどれだけ需要があるのか怪しいのにも関わらず、フリーwifiが飛んでいます。メールで簡単に登録可能でした。 足湯でまったりしたら次はちょっと先に見えている「吊り橋」を目指します。まあ、もしかしますと順番が逆だったような気もしますが……。 この吊り橋、名称は『七ツ岩吊橋』と言うのだそうです。その地上からの高さ、約20メートルくらいでしょうか? なかなかの景観です。もちろん「無料」。 吊り橋を渡り終えると、何やらその先にこのような階段があり「先に何かありそう」感がたっぷり出ています。登るかどうか悩んだのですが、行ってみよう! と頑張って上がってみました。すると……。 普通の道路に出た……。嘘だろ……。と思いましたが、考えてみると逆にこっち側から吊り橋や足湯行くルートでもあるのですね。でもなんだか肩透かしを食らった感はあります……。約1時間、足湯から素晴らしい景観まで無料で楽しめ、さらにはフリーwifiまでと言う素敵な場所でした。 また、最近の散歩のお供である自撮り棒です。こいつ、三脚にもなって、向きも自由で、色々なものを見てきましたが現時点で最強の使いやすさです。下の写真からAmazon公式に飛べます。