ペンキはパンツ一枚で塗れ!の法則。

おはようございます、SUKESANです。うちには「開かずの間」的な部屋が数部屋ありまして……。それをついに改装しよう! してやる! と思い立ったのです。とにかく確実にいらないようなモノがたくさんありましたので、それを廃棄。そしてお次は「壁紙」です。これが相当昔のものでして、角の方からベロりと剥がれてしまっていた。それを引っぺがし、ペンキを塗っていくことに。 地獄のような空間……。 ボロボロの壁紙を剥がすのも一苦労です……。途中で破けるのよね……。なので少し水をつけて剥がしていきます。 電気も蛍光灯の、「ザ昭和」的なモノだったので、シンプルなLEDの電気に交換しました。これによって、見た目も電気代もかなり気持ち良くなりました。 ちなみに、僕のお気に入りはこちらのLED。非常にシンプルで明るいんです。下の画像からAmazon公式サイトに飛べます。ちょっとお得に購入可能です。 さて、ここからペンキを塗っていくわけですが、ペンキってどうやっても必ず服に付いてしまうんですよね……。そしてそれがまた洗濯しても落ちない……。なので考えた。 今回使ったペンキはこちらです。早く乾きますし、美しい色でした。↓下の画像からAmazon公式に飛べます。 「パンツ一丁で良いんじゃないのか?」と。 これならばペンキは体に付くだけなので自分がお風呂に入ってしまえばOK。妻様も嬉しいのです(多分) ……。この状況……。気がついたら妻が撮影していました……。しかし、これがペンキ塗りの最終形態なのです。 しかし、左の方は届かなかったので次回脚立でやることに。おそらく次回は「脚立パンツ」

納屋を映画館に改装するさ!の法則。vol.2

おはようございます、sukesanです。僕と妻と子の田舎暮らしが始まって約1ヶ月、それまでガレージというよりも「納屋」といった感じの建物がありました。まずはその改装まえの様子をご覧ください……。 いかがでしょうか……。納屋どころか物置って感じですよね。ここをオサレにしたい! と立ち上がりまして、希望としてはミニ映画館にして、家族でまったりできればな、と思っていたのです。 まずは全ての物を分別しながら処分。ちなみに、地域の業者さんに10キロ150円という値段でトラックで数回引き取っていただきました。スッキリ! さて、問題はここからです。頭ではなんとなく完成像が浮かんでいたのですが、現実はなかなか違いまして、色々とテコ入れする必要があることが分かってきました。 まずはビンテージのコカコーラのベンチを装備し、アマゾンで購入した巨大スクリーンを設置。ちなみに、このスクリーン(というかでかい布)格安でした(これでいいのさ)。↓写真をクリックでAmazon商品ページへ飛べます。 スクリーンがあるということは、それに投影するプロジェクターが必要ということになりますな。こちらは以前から愛用している物を使いました。 リーズがありますが、このⅡがオススメ!)この商品、Androidを搭載していまして、アマゾンプライムやネットフィリックス、そしてブラウザ閲覧、さらにはHDMI入力も可能でやんす。↓写真をクリックでAmazon商品ページへ飛べます。 つまりは、Switchやプレステとかも繋げることいができるわけです。でもね、プロジェクターってテレビモニターと比べて、使い勝手とか本当にしっかり映るの? とか購入に踏み切れない方も多いと思うんです。が、この『Nebula Capsule II』はすげえっすよ……。Android搭載は前記しましたが、こいつはバッテリーでも駆動します。つまり、持ち運べるプロジェクターなんです。 こちら、暗いのでちょい画像が荒いですが、スクリーンではなく壁に直接写したものです。結構すごくないですか? この大きさでこのパワー。昔のでかいプロジェクターってなんだったんだよ……って感じ。しかも音も素晴らしいのです。 そしてなんとか理想の形に近づいてきました。 なんか変な霊魂が写っていますが……。 いかがでございましょう!? あの物と埃だらけの倉庫が、そこそこオサレなミニ映画館に? ちなみに、上映しているのは『ウォーキング・デッド』(アマゾンプライムで見放題さ)↓写真をクリックでAmazonプライム入会ページに飛べます。 https://amzn.to/3luGoU4 子供もブーブに乗って楽しんでいました。この車もカッコよくて、組み立ても簡単でよかったですぞ。↓写真をクリックでAmazon商品ページへ飛べます。 今年の夏はちょっとオサレな倉庫(ガレージ)で家族で映画鑑賞です! お読みいただきありがとうございました。 ※中で紹介している商品は僕が実際にこのように使って、本当にいいぞ! と思ったものだけを紹介させていただいいております。

地獄のような納屋をオサレにできるのか?の法則。vol.1

こんにちはsukesanです。 おそらくは20年以上、何となーく「いつかやればいいや」と農具やらを詰め込んで放っておいた納屋をオサレに利用したい! するって決めてからから数ヶ月経ちましたが、ついに立ち上がりましたよ僕は! 見てください、この状態……。もうどこから手をつけていいのやら……。モノって不思議でして、その時は「こりゃあ使うぜ!」と息巻いて買うのですが結局はこうなるんですよね。冷静にみてみるとまあ9割以上が要らないもの。 一体全てのモノを外に出して&廃品回収の場所に持ってくことにしました。 なんと、お借りしたこの軽トラックで6往復……。慣れているだろう、過廃品回収の現場のおじさんも「頑張ったねぇ〜」と褒めてくれて長ら若干引いているような状態でした。 さて、モノは無くなったものの、実はなんとなく感性の形は頭で描いているだけでしたので考えていきます。理想はオープンガレージ的な映画鑑賞できるスペース! 果たして……。次回へ続く。