Japanese Pickers「ビックリマン、アート作品」

おはようございます、リョウタです! 今日は、Japanese Pickersオリジナル作品を購入していただきました方へ 心を込めて梱包しました!(オリジナルステッカーをコッソリ。) こちらのアート作品は、ビックリマンを硬化樹脂に閉じ込め、 時間も閉じ込めるをコンセプトに考えました。 といかく美しい!触れば、触るほど、美しくなっていきます。 公式ショップにて販売中です!https://pickers2021.base.shop/ YouTubeにて紹介していますのでぜひチェックしてみて下さい! アート作品ご依頼等もお受けしております。teemlovesshe@gmail.com https://youtu.be/7iKV6F6kJDU

妻のパンが美味しくてたまらない法則。

おはようございます、SUKESANです。正直言いますと、僕はあまりパンは得意ではなくどちらかといえばごはん派ではあるのですが、今回妻が作ったパンをいただいて衝撃を受けました……。 別室で仕事をしていると、ピーっと言う音の15分くらい前からこんがりといい香りがしていたのは知ってた。でもまさかパンを焼いているとは知らずにリビングへ行ってみると巨大な物体が鎮座していたのです。 聞くと、生まれて初めてパンを作ったと言うことで、材料は息子がホームベーカリーに入れたとのこと。つまりは2人の合作なのですね。 本当は少し冷ましてからだと切りやすいのだそうですが、たまらず切ってしまいました。 そしてバター風味のマーガリンというものを塗りつけていただきました。外はカリカリっぽく、中はものすごいふわふわで、これはその辺のパン屋さん顔負け? といった味でした。ちなみに、牛乳の代わりに子供の粉ミルクを使ったということで、これが良い効果を出しているのかな。 可愛いスージーズーのファイヤーキングマグでコーヒーを飲みがなら美味しくいただきました。ありがとう奥様として息子。 作ってくれた息子もすげえ食べました。中だけ……。 そして、このパンは下の画像のシロカさんのホームベーカリーで作りました。これが家庭でできるなんて驚きでございます。写真クリックでアマゾン公式に飛べます。 ちなみにでございますが、今回、このホームベーカリーの電源は全てこちらの巨大バッテリーで昼間にソーラーで溜めていたもので作りました。いわば、太陽のパン。下の画像からアマゾン公式販売サイトに飛べます。最強のバッテリー(現時点)↓

ipad Mini6(第6世代)のカバーとフィルムはこれがオススメですの法則。

おはようございます、SUKESANです。2021年9月に発売となったipad Mini6ですが、約5日使ってみた感想として、最高としか言いようがない感覚を持っています。第5世代でも十分だったのですが、6を触ってしまうと5には戻れない感じ(まあ後継機なので当たり前ではあるのですが……) 僕は基本的にスマホもタブレットもあまり大きなカバーなどは付けない主義と申しますか、できればそのままで使いたい派なんです。しかし、落下や傷が怖いのもありまして、最小限の「装備」をするようにしています。 そんな中、今回僕が選んだカバーとフィルムを紹介させていただきます。 まずフィルムですが、僕がガラスフィルムを使うようにしています。これにはもちろん意味がありまして、確かにアップルペンシルの描き心地に関してはカツカツと音がする感じにはなってしまいますが、何もしてない状態とさほど差はないように感じます。また、もしも落とした時に、このガラスフィルムが衝撃を代わりに吸収してくれる(割れる)のも大きなポイントです。これは普通のフォルムやペーパーライクフィルムでは補えない部分。 「NIMASO ガラスフィルム iPad mini6 iPad mini (第6世代) 用 強化 ガラス 保護フィルム NTB21C194」を選びました。もちろん、知っている方にとっては老舗さんの商品です!下の画像をクリックでアマゾン公式へ 本格的なイラストレーター等の方でしたらこのカツカツ音や滑らかさが気になるかと思いますが、僕の場合、ちょっとしたコンテやイラストを仕事で描くだけですのでこれで十分だと感じました。また、貼る際の付属品も充実していますので空気が入ってしまうことも少ないでしょう。 光の反射についても付けていない状態とほぼ変わらないように見えます。 さてお次はケース(カバー)でございますが、僕はどうにもあの「風呂の蓋」のようなものが苦手でして、もちろん立てることができたり、電電のオンオフを開けばやってくれる等の利点もわかるのですが、どうにも苦手なんですね……。ということで今までずっとシンプルな透明のカバーを使ってきました。今回もこちらです。 「YOCCO iPad Mini 6 ケースクリア TPUソフト透明保護 薄型 衝撃吸収 柔らかい手触り バックカバー…

伝説のガチャ機、コスモスを復活させる法則。

おはようございます、sukesanです。現在、ジャパニーズ・ピッカーズというチームを作って活動をしているのですが、その中での企画になります。昭和の子供達を夢とドン底に叩き落としてくれたガチャ、コスモス。版権を取っていたり、完全にアウトな無許可モノだったりが混在していたわけですが、兎にも角にもあのガチャ機の筐体の強烈なイメージは今も脳裏に刻まれています。※ちなみに巨大なものだけでなく、100円、50円、20円のガチャもありました。 ↓コスモスマニアの第一人者、ワッキー貝山さんの著書です。クリックでアマゾン公式へ そのコスモスのガチャを今回は復活、いや、復活というよりも一から作ってしまおう! というジャパニーズ・ピッカーズでの企画なのでざいます。 まず、よくコインランドリーに置いてある洗剤なんかを販売している無電源の販売機を数千円で購入しました。 それに着色をしていくわけですが、おそらく皆様はコスモスといえば赤い筐体に白い「コスモス」の鮮烈な文字、ロゴを想像されるのではないでしょうか? しかし、実はガチャの中にはこの写真のように黄色に赤という非常に美しいバランスのものがあるのです。今回は赤のベタなやつではなく、ちょっと「わかってる人はわかってる」風のこちらのカラーリングをしていくことにしました。 綺麗に表面を拭いてから、地の色であります、黄色を塗ってきます。 しかし問題はここから……。コスモスのロゴを美しく塗らなくてはいけないのですが、そもそもの「型」はないので、自分たちで描いてからそれをちょうどいいサイズに拡大コピーし、それを薄いアクリルの板に合わせて切り抜いて型を作っていきます。 しっかりとマスキングをしてからいよいよ制作したコスモスのロゴを赤でスプレーしていきます。緊張の瞬間です……。 昔懐かしのアニメもドラマも見放題、アマゾンプライムビデオ加入がまだの方はぜひ↓ 約1時間放置。しっかり乾いたのを確認して、そうっと剥がしていきます……。さて……。 少々隙間に入り込んでしまいましたが、まあまあなかなかの再現度、ではないでしょうか? この後、土台の部分は緑に塗りまして完成です! 普通の販売機だったものが懐かしのコスモス自販機に生まれ変わりました。 なお、この販売機自体を販売しておりますので興味のある方はコメント等でご連絡くださいませ。 ジャパニーズ・ピッカーズではこのように昔のものをレストアしたり、新しい商品、でもなんだか懐かしいものを次々に生み出しております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。また、取材等もお受けしておりますっ! ユーチューブチャンネルも開設いたしました。工程の様子などが動画がご覧になれます。 ジャパニーズ•ピッカーズはファクトリー(ガレージ)内の全ての電気をこの一台で補っています。前日に充電しておいて当日に使う感じ。それでも余裕で残るからすごいのです……。↓

昭和の記憶?ジュースの王冠をアレンジの法則。

おはようございます、SUKESANです。現在、僕は番組作家やCMクリエイター、そしてライターを主な仕事としているフリーランスですが、最近、地元で出会った20代の奴ら(仲間という雰囲気)と一緒に「ジャパニーズ・ピッカーズ」というチームを組んで面白いことを始めました。 ちなみに、最近作ったユーチューブチャンネルはコチラです。よろしければご視聴、登録などお願いいたします。 https://www.youtube.com/channel/UC0tMUtRV3jJdWtGyQ6uWaXw 活動の主な部分は、廃業してしまったお店や、古くからある家屋などにお邪魔し、歴史あるモノを譲っていただいたり、引き取って、それをレストアし販売するというものです。その中で、いわゆる昔の「ジュースの王冠」をなんとか商品にできないものか? とメンバーで考えた結果、こんなものができました。 昔の実際の王冠を樹脂で封じて(固めて)置物と申しますか、ペーパーウェイトにしたのです。 いかがでしょうか? これは価値観ですが、この昔の王冠の時間を封じ込めたような、そんな商品になっています。実際に当時の王冠を探し出してきて使っていまして、作るのは簡単そうですがそうでもないんです……。実は。 ある型に樹脂を流し込んで作るのですが、これが結構なコツが必要でして……。さらに、最初はこのようにテカテカなのですが、やはりレトロ感を出したいのがありまして、相当な時間をかけて磨き直します。すると、半透明と言いますか、手触りがなんとも良いものができるんです。 これくらいの透け加減が僕は好みです。透明で見え過ぎちゃうのもなんだか今っぽく感じまして、このくらいにしています。 そして、裏を返すと当時、金券的な当たりがあったのですが、それを見ることができます。また、コカ•コーラ社は当時大ブームだったスーパーカーのイラストを蓋の裏に載せていた時期がありましてそれも見ることができます。 この樹脂は水にも強く、多少の衝撃で割れることもありません。そして、傷もつきにくいですし、言ってしまうとその傷も味になってくる感じに仕上げています。時代と記憶、そして本当の当時の王冠を使った逸品です。現在販売中ですので興味のある方はコメントください。あの頃の記憶を……。 また、この商品はこちらから公式通販にて購入できます。(sold out場合、申し訳ございません) 最後に同じく昭和の文化を大事にしている友人でもあり先輩でもありますワッキー貝山さんの書籍の販売先を貼り付けさせていただきます。

下今市駅にSL(大樹)を見にいく法則。

おはようございます。SUKESANです。息子が現在1歳8ヶ月なのですが、『きかんしゃトーマス』から入り、着々と電車(乗り物好き)へと成長しています……。そんな中、最近は新幹線よりもSL(蒸気機関車)に興味があるようでしてどこかで見ることができないものかと調べていると、『下今市』という駅で見ることができるとのこと。 きかんしゃトーマスが見放題!下の画像から。 『日光東照宮』観光からのついでに行ってみようということになりました。本当に親切な駅員さんに聞くと、入場券(150円)を購入するのをオススメいただいた。 SL(大樹)が入ってくるのは4番線ということで早速向かったのですが、駅内に写真展のような通路があったりします。そして何よりも『SL展示室』(館)が凄かった。機関車、電車を子供向けにした乗り物のようなものや展示物が。 そして何よりも嬉しかったのが、夫婦で6年くらい前から集めている、茶平工業さんの記念メダルも発見! 早速、親子3人の名前を打刻しました。ちなみに、このタイプのメダル機ですが、メダルと刻印が別料金の場合もあるのですが、こちらのSL大樹のものはメダル料金のみで刻印は無料でした。 と、展示室で遊んでいるとそろそろこの日の最終列車、16時14分着の時間が近づいて来ましたので4番ホームに向かいます。 息子はまさかSLをこれから見ることができるなんて思っていない……。むしろ妻が興奮していました……。 そしていよいよSL大樹がホームに! この時の息子の驚いた顔ったら。 停車時間は2、3分と短いのですが、車掌さんも本当に素敵な方で一緒に写真を撮ったり、手を振ってくれたりとなんだか愛されている意味がすごく分かりました。SLがホームを出て行ってから再び展示室に戻ったのですが、ここからサプライズが! なんと、きかんしゃトーマスで見たような車庫に大樹が格納されるところまで間近で見ることができるのです。 入場券だけでこの体験を全てできるとは……。恐るべし下今市駅……! もちろん電車マニアの方々からすると「今更何言ってんだオメエは」なのかもしれませんが、僕ら家族は初めての体験に感動しっぱなしでした。 「冬の雪景色の中のSLも素敵なんだろうね、今度は冬に来てみようね」と話しながら駅から500メートルくらいのところにある道の駅に寄って帰宅したのでした。 今回は特に記事内で宣伝する商品がありませんでしたので、ドライブをする際常に車に積んでいる最強のバッテリーを貼らせていただきます。スマホなら約140回! 電子レンジもドライヤーも動いてしまう化け物です。