1980年台に発売の『パックマン』ランチボックスでピクニックの法則。

おはようございます、SUKESANです。2歳の息子が「公園に行く!」と大騒ぎしていますので、近所ではありますが車でちょこっと行くことに。

遊べる軽

これからの季節、手軽にワンタッチで広がる。しかも片付けるのも簡単(とはいえ、毎回たたみ方忘れるんだけどね)な日除け簡易テントは必需品。

テントの中で、今回は僕が作ったお弁当を。

ここで登場したのが80年代に発売された、かなり年季の入った『パックマン』のランチボックス。

水筒が付いている状態のものは、まあ出てこないんです。おそらく今後も。

男の料理!って感じですいません。たまごサンドとか卵焼き、ソーセージ。

水筒が気に入ったらしく、自分で注いで飲むのにハマった。ちなみにですが、この水筒、すげえ少ししか中身が入りません。逆に言うと、外側に厚みがあってなかなか冷めにくく温まりにくい。

たくさん食べて元気になった! しかし、ずっとソリに乗って動かないのでした。ママ、お疲れ様。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s