死にたいの? なぜこれだけ災害が起きても備蓄、備えをしない人がいるのか? が謎の法則。

おはようございます、SUKESANです。冒頭からことわざで申し訳ないのですが、「備えあれば憂いなし」という言葉があります。それを今の日本の災害への備えに当てはめた際、果たしてどれだけの方がその「備え」をしていらっしゃるでしょうか? 忘れもしない、あの大震災。そして現在多発している震度5程度の地震。また、怖いのはそれだけでなく、台風も大寒波もあります。それを知らないはず、覚えているはずないのに人は「備え」をしません(もちろん人によりますが……) ↓このセットもかなり優秀。 ではどうして人は災害がいつか必ずくるのがわかっていても備えをないのでしょうか? 僕はそれを「慣れ」だと思っています。人間というのは、どんな怪我をしても、嫌なことがあっても都合よく忘れるようになっています。逆に言えばだからこそ前に進んでいけるのではありますが、これは突然やってくる災害の話です。 また、そもそも災害とはなんでしょうか? 例えば、大震災が起きてもその備えが完璧で被害がなければそれは「災害」とは言われません。つまり、備えが足りない状態で、被害があるからこそ「災害」となるんですよね。 では、災害を避けるにはどうすればいいのか? と最初に戻るのですが、これはもう確実に「備え」をしておくことに尽きます。しかし、多くの人が以下のように思っているんです。 ○自分の住んでいる場所は大丈夫だろう。 ○すぐに準備しなくても大丈夫だろう。 ○何かあってもまあ大したことないうだろう。 ○何かあっても国とか自衛隊とかがなんとかしてくれるんじゃね? こう言った考えが命に関わるんです。実際に、過去の例を見ていただきたいのですが、震災の時、普段から備蓄をしていなかった方々はマーケットに駆け込み、米、カップ麺を買い占め、トイレットペーパーも手に入らなくなりましたよね? 人間って残酷で、普段は「誰かのために」なんて言っているのに、最終的には自分がよきゃいいんです。が、これは誰でも同じ。僕だって突き詰めればそうです。 だからこそ「まずは自分を守るための備蓄や備え」をすることが大事。自分を守れるからこそ、親しい方、そしてさらに余裕があれば他の人も助けることができるのですから。 我が家は、まずは子供のものが大事だと考えていまして、 おむつにお尻拭き、ティッシュ、トイレットペーパーを大量に備蓄しています。(写真以外にも倉庫に) また、約100リットルの水、オートミール、缶詰を2カ月は毎日食べても保つくらい保管しています。 そしてここからです。今回、オススメしたいのが、「電源」「電気の確保」です。 僕たちは電気があるのが当たり前の生活をしています。そして最近は停電も少ないので、電気が使えないというのはなかなか想像できず、慣れてしまっているんですよね。しかし、考えてみてください。もし電気が突然使えなくなったら? 冷蔵庫、スマホ、普通に照明としての灯りがなくなる他、驚くほど身動きができない状態になります。 停電は突然やってきます。そして災害時は当たり前のように停電になり、それは数日続くことも予想されます。ではそんな時にどうすればいいのか? これはズバリ、巨大バッテリーで普段から水や食料と同じように「備蓄」しておくことです。水や食料と電気を同じように「備蓄」と考えるんです。 以下はあくまでも我が家の例ですが、数度あった停電の際、ものすごい役に立ったので紹介させていただきます。 こいつは『ackery ポータブル電源 1500 PTB152 ポータブルバッテリー 1534.68Wh/426300mAh 』という商品なのですが、まず、この容量が化け物。充電満タンからスマホでしたら約100回! また、普通の家庭用の冷蔵庫やドライヤーも動きます。例えば、停電時はwifiのルータも止まってしまうわけですが、これもこのバッテリーで3、4日は保ちます。つまり、もし携帯の電波が止まってしまっても、wifiが生きていればネットは繋がるわけです。 ↓アマゾン公式に飛べます。ちょっとお得にゲット! さらに、重さは約20キロあるため、重いといえば重いですが、いざというときは車移動ができますし、普通にキャンプとかでも大活躍しますよね。 そしてここからが更にすげえのです。専用のソーラーパネルも販売されていまして、これを使えば実質太陽が出ていれば無限の電気を生み出すことができるわけでです。我が家では屋根にソーラーパネルを普段は設置していて、キャンプなどの時にはパネルも持ち出して車に乗せて行きます。 このバッテリーとソーラーパネルの組み合わせ、最強です。 ↓我が家が使っている専用のソーラーパネル。アマゾン公式に飛べます。…

福袋系レトロゲーム開封動画の何が面白いのか?……。本当に分からないの法則。

おはようございます、SUKESANです。今回はTwitterの文字数ではお伝えしきれない部分をこちらにて書かせて頂こうと思っております。 完全に「価値観」の範疇の問題だとも思うのですが、主にレトロゲームの福袋系の開封動画がどうにも苦手なんです。といますののも、根本的に、そもそもこのネットでいくらでも「価値の相場」がある意味決定されている時代、福袋にお店側がそんな計算もしないで入れるわけないですよね……という部分があるんです。つまり、福袋開封動画というのは、「何が出てくるか分からないですよ〜楽しみでしょ〜?」と、本当は中身の相場等を理解しているのに、あえて一旦袋に入れることによってあたかも新鮮な発掘であるように心理的に思わせるもの。ですよね。 これって楽しいですか? 真面目か!と言われるかもしれませんが、これを楽しいと思っている方は、店、そしてYouTuberの両者に利用されているとも言えますよね……? そして結局は、開封動画と称して、ビュー数を稼ぎ、そのお金でまた同じことを繰り返すビジネス。で、その中のブツはフジタくんのようにこっそりアカウント等で転売し損害のダメージを最小限に抑えようとするわけです。 本当に見ていて楽しいでしょうか?……。disるとかではなく本当に分からない感覚なんです。 ↓家庭で簡単にソーラー自家発電。僕はこれでスマホ、PC、モニター、タブレットなど電気代は全て無料化しています。 僕たちはジャパニーズピッカーズというチームを作っていまして(まだ半年くらい)、その中で、実際に口コミ口コミでリアルな廃墟や、廃業した玩具店、駄菓子屋さんなどに入って、真っ黒、傷だらけ、埃だらけになってその中から昭和の貴重な玩具などを発掘しています。これは自分達が偉いとかすごいとか言っているわけではなく、これが楽しいんです。このままではいつかは風化、廃棄されてしまう文化を助け出した気持ちがして。 ただお金で誰かが価値を計算して詰めた袋を買ってきて、またそれを開けるのに何の意味があるのか……。と実際にこういう作業をしていると感じてしまう。 ↓今使っている、とても簡単にPCに動画を取り込める機材です。シンプル! とはいえ、繰り返しになりますが、楽しみ方や価値観は人それぞれです。しかし、これをゲームに例えますと、福袋開封って、自分で苦労してアイテムを手に入れるのではなく、お金で買ってそれを他人に「すごいでしょ!」って言っているのと同じです。きっとこれはプライドやアイデンティティの部分だと思いますが。 また、このような「誰でもできる動画」ってかつては珍しかったゲーム実況動画のように、誰でもできますので結局は飽和状態になり、今回のスーパーポテトさんの中身改ざん問題のようなところに進んでいき、そしてブームは終わります。それだったら最初から真っ黒になって、埃だらけになって、自分の足で探すコンテンツを作っておけば、その価値は「モノではなく行動」に生まれ、それは永遠に残ります。 と、長々と書いてしまいましたが、本音でした。 https://youtu.be/MMHklzsL-0M