キン肉マンのサンシャインをエビオスで作る……(後編)の法則

おはようございます、SUKESANです。バカ企画ではありますが、健康食材、『エビオス』の瓶を粉々にしてその瓶を溶かしてガラス細工(キン肉マンのサンシャイン)を作ってみよう! というものです。前編ではガラスを砕く〜辺りまでを公開したのですが、後編ではいよいよ「焼き」に入っていきます。へのつっぱりはいらないのです。 言葉の意味は良くわかりませんが、とにかくキンケシのサンシャイン(地獄の凱旋門)を使って、耐熱粘土で型をとっていきます。が、本当に初めての作業でして、この粘土がもしかしたら1000度の熱でどうなるか? などは一切わからない中での挑戦です。 細かい話、ちょっと凱旋門が斜めかな……とも思いましたが、このままいきます。 アニメ、『キン肉マン』はアマゾンプライムビデオで見放題です(掲載時)下の画像から飛べます。 サンシャインは砂の超人ですが、今回はガラスの粉の超人です。 ついに、電気炉をスイッチオン! 徐々に熱が上がっていきます。そして、約800度を超えたくらいからガラスは融点に近づき、柔らかくなってくようです。 この温度まで達するのに約20分。遅いと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、ガラスというのは急激な温度変化に弱く、徐々に上げていく、下げていかないと確実に割れます。 ちょっと開けてみました……。サンシャインさん、真っ赤……。ドロドロです。粘土はなんとか燃えないで済んでいるように見えますが、割れている……? ヤバいかも……。 本来なら冷やすのも電気炉の中でやるべきなのですが、取り出してしまいました。写真も撮りたかったのです。耐熱粘土の中でサンシャインさんがドロドロに溶けていますね。そして、ガラスは本当にあっという間に冷えて硬くなります。 自然に冷やして約2時間くらいでしょうか。サッと触っても熱く無くなっていたのですが、中が超熱い可能性もありますので水をかけてさらに冷やそうとすると、粘土の部分が割れました。サンシャインさんはセーフ! そして……。 えっと……。これ、正直自分が(おそらく皆様も)イメージしていたものとはかけ離れていると言いますか……。なんかチートスとかカール(チーズ味)のスナック菓子のような感じになったよ……。いや、野菜のヤングコーンだな。 ちなみに、背中(裏)の部分はなんとなく目指していた感じのツルツルガラスな感じ。失敗の原因としましては、まず、土台がザラザラの粘土だったことが一番の要因。考えてみれば当たり前でした……。 並べてみたらなんか泣きそうになったよ……。逆になんだか古(いにしえ)の遺跡の中から発掘された感じともいえますが、やっぱりスナック菓子だな……。でも手に持つとズッシリしていてなんだか愛着が出てきました。もし、こいつほ欲しいという方がいらっしゃいましたらコメントを……(売ると大問題になりますので。売れないでしょうけれど……) ちなみに、今回使った機材はこちら。僕はまたリベンジしますが、誰か成功させてくれ! 僕の100万パワーを分ける!