米粒も吸えない小型クリーナって……。の法則

おはようございます、SUKESANです。突然でございますが、僕は「そこそこ」潔癖症なんです。とはいえ汚い海の中でも山でも問題なく入っていけますし、そういう部分ではなんでもこい。ですが、ギャップとでも言いましょうか、反動とでも言いましょうか、部屋の中に関してはピシッとしておきたい、チリ一つ許せないぜっ、というタイプなのです。 ということでして、過去色々な小型クリーナーを購入してきたのですが、いまいちこれだ!といいうものがなかった。しかし、遂に見つけましたよ、ダンナ。 まずは外観からですが、非常にシンプルで電源(土台)も小さく美しいので、部屋の中央だろうがテーブルの上だろうが、テレビとかの横に置いておいても良い意味で存在感がありません。 そして、もちろんクリーナーなのですからその「性能」が外見よりも大事ですよね。が、しかし、このクリーナー、米粒も吸ってくれません……。強弱の変更もできませんので、何をどうしようと米くらいの粒も吸う吸引力がないのです。 と、おいおい、今回の紹介ってディスりなの? と思われるかもしれませんが、実は逆。クリーナーというのは僕は「吸引力が強ければいいと思っていない」の。例えば、超強力なクリーナーで布団を吸った時、「コノヤロ!全て吸ってやるからな!」と息巻いてしまい、表面のシーツまでもギュシューと吸って、結局は表面の埃が取れないという経験ありますよね。 それと同じく、このクリーナーというのは、本当にテーブルの上や衣類等の軽いホコリだけを表面をなぞるように取ってくれるのです。 つまり、ネジとか爪楊枝とかコード類、輪ゴムとかが乗っているテーブルがあるとしまして、強力なクリーナーだとそれらも一緒に吸ってしまい、ムムムとなるところを、このクリーナならそれらは逆に吸いたくても吸えないくらいの吸引力ですので安心してホコリだけを吸うことができます。 吸った後のお掃除簡単で、本体をちょっとひねって2つにし、パカっとフィルターの部分を開けて捨てればOK。 使ったら充電ドッグにすっと立てておけばいいだけ。 強力で、俺なんでも吸ったるで! というクリーナーをお望みの方にはもちろん向いていませんが、ホコリだけを楽にシンプルにお掃除したいという方にはおススメでやんす。 下の写真をクリックでAmazonさんの商品ページに飛びます。いいですよ、コレ。